【仏像とは?種類・見分け方など】やさしい仏像のはじめ方


仏像とは?仏像の種類や見分け方など、ここでは仏像のきほんについてわかりやすく解説していく、やさしい仏像のはじめ方をご紹介!

仏様の世界をしっていると仏像の見るとき、さらに楽しく見ることができるようになります!

こまかく理解することは、必要ありません!最初はなんとなーく仏さまの世界や仏像の見分け方のキホンが理解できればOKです★

仏像のきほん:仏像とは?仏像ってそもそもなに?

仏像の世界に初めてふれる方にまずホトケ様って誰?仏像ってなに?という、おおもととなる疑問ってありますよね。仏像とは「仏」(ほとけ)の「像」(ぞう)です。よんだ文字そのままです(笑)

でも、仏って誰?なんかエラい人っぽいけど何をした人なの?など、なんとなく仏さまに対してのイメージはあると思いますが、具体的にどんな人なのかを知っている人は少ないと思います。

仏さまはブッダというインドの王子様だった人です。

ゆうふくな王子様でしたがある時、断捨離をして修行の旅にでて、厳しい修行の末に「悟り」という世の中の真理(ざっくりいうと、ほんとうのコト)や幸せになれる物事の考え方を発見します。

そしてその考え方を世の中の困った人に伝えていき多くの人の信頼をもらい、その結果たくさんの仏さまの像である仏像がつくられていきます。

下のリンク先でより詳しく説明しています。

仏像ってそもそもなに?

そもそも仏像とは?すべては1人の王子の断捨離からはじまった。
 そもそも仏像とは?という話をしていきます。  みなさんは「仏像」と聞いて何を思い浮かべますか?修学旅行などでいった、鎌倉の大仏だったり、奈良の大仏だっ...

 

仏像のきほん:仏像世界にもあるタテ社会!学校で考えてみよう!

 

仏様の世界には実はランクがあります。仏像はたくさんの種類がありますが、大きく分けて4つのランクにわかれます。その4つのランクは仏さまの世界を学校のように例えることができます。

校長先生=如来(にょらい)

教頭先生=菩薩(ぼさつ)

学年主任=明王(みょうおう)

授業担任=天(てん)

 

といった具合です。ランクがわかるとおおまかな見分け方もできるようになります。下のページで詳しく解説しています。

仏像のランクを理解しよう!

仏像のランクを理解しよう!ホトケの世界はタテ社会、学校の先生で考えてみる。
仏のせかいにはランクがある?!  仏像(ぶつぞう)とは何か、ということがわかったところで、次に仏像のランクについて説明します。  「えっ、 仏像にランク...

 

 

仏像のきほん:仏像の見分け方

仏像は各ランクの仏さまによっておおまかに特徴がきまっているので、見分けることが可能です。またお寺で仏像に出会った時に、何の仏像なのかわかると仏像の働きやそのお寺がどういう考え方を大事にしているかなどだんだんと見えてくるようになります。

仏像のおおまかな見分け方はかなりざっくり言うと

超ざっくりな仏像みわけかた!

如来の仏像→パンチパーマ、着ているものがシンプル

菩薩の仏像→アクセサリーを身につける、中性的な表情

明王の仏像→怒りの表情

天の仏像→ヨロイを着てる、女性の仏像がいる です。

ただこれはちょっと大まかすぎる説明なので、詳細に判別していくためにはもう少し詳しく知っていく必要があるのですが、まずはこれくらいイメージできていればOKだと思います。

下のページでは大まかな仏像の見分け方について、もうちょっと詳しくお話ししています。

仏像のみわけ方

仏像の見分け方。仏像が見分けられると、お寺のことやひとびとの願いもみえてくる!
見分けられるようになると、仏像以外のこともわかるようになる!  仏像の見分け方ができるようになると、この仏像はどんな役目があるのだろうか、そのお寺はどん...

 

仏様の世界の仕組みやおおまかな仏像の見分け方についてわかったところでそれではランクごとに分かれて見ていきましょう!

仏像の種類:如来(にょらい)のホトケさま

ここからは具体的に仏さまの種類を見ていきましょう。

それぞれの仏さまによって役割はさまざま。
登場人物はたくさんいますが、さっき覚えたランクごとにだいたいの役割は決まっているので、そこまでムズカしく考える必要はありません。

まずは如来(にょらい)の仏さま。仏さまの世界の中でもっともエラい仏さまなので種類は少ないです。
如来は超人パワーをもっていて、身体のとくちょうもたくさん持っています。

主な如来の仏さまは、こんな感じです。

如来(にょらい)ランクの仏さま

釈迦如来(しゃかにょらい)=仏教の象徴となる仏さま

阿弥陀如来(あみだにょらい)=極楽浄土への案内役

薬師如来(やくしにょらい)=病気を治すお医者さま

盧遮那仏(るしゃなぶつ)=宇宙の真理すべてを知る仏さま。華厳宗の本尊。

大日如来(だいにちにょらい)=宇宙の真理すべてを知る仏さま。真言宗の本尊。

ここでは、あくまで目次みたいな紹介なので、各如来の説明はこちらをご覧ください、

如来の仏像の解説記事
【仏像の種類:釈迦如来とは】仏像のパイオニア!釈迦誕生から涅槃へ、果てなく続...
釈迦如来は釈迦/ブッダをモデルにした仏像です。仏教はお釈迦さまから始まったわけですから、その仏像ということは・・・ついに元祖の登場です。  釈迦如来の主...
【仏像の種類:阿弥陀如来とは】南無阿弥陀仏と唱えるだけでOK!極楽浄土行き最終...
阿弥陀如来は、阿弥陀仏ともいわれ、極楽浄土にいらっしゃる日本では超人気の仏さま。だって、全国の寺院の半数以上の本尊は阿弥陀如来なんですって。あの有名な鎌倉の...
【仏像の種類:薬師如来とは】薬壺を使ってあらゆる悩みを治しちゃう凄腕のお医者様!
 「お薬師さん」で親しまれる薬師如来の「薬師」という文字をみるだけで、なんだか病気に効きそうな仏さまという気がしませんか? 薬師如来は医王如来(いおうに...
【仏像の種類:毘盧遮那仏とは】君は奈良の大仏の本当の名前を知っているか?華厳...
毘盧遮那仏(びるしゃなぶつ)と読むこの仏さま。読むのも書くのもむずかしくて、「なんかちょっと苦手かも・・・」なんて言わないで。だって、あなたもあなたのお友達も日...
【仏像の種類:大日如来とは】如来界No1!忍者のような印、不動明王とのカンケ...
皆さんは如来グループの一人、「大日如来(だいにち・にょらい)」という仏様は知っていますか? その手をよくみると忍者のポーズのような手をしています。忍術を...

 

仏像の種類:菩薩(ぼさつ)のホトケさま

如来につづいて次は菩薩です。菩薩とは如来になるために一生懸命に修行をしている姿をあらわす仏さま。如来になることを約束されていて、仏さまのランクの中では2番目にエラい仏さまです。学校の教頭先生にあたります。

それぞれに自分は◯◯の目的を達成するぞ!と目標をかかげて、そこに向かって人々を助けながら修行をしていきます。

ブッダがまだお城の王子様であった頃の姿をモデルにしているのでアクセサリーを身につけていたりします。

菩薩の得意技の変身をつかって人々の悩みに合わせて33の姿に変身をして人々を救います。

中性的でセクシーな姿をしている仏像が多いのも菩薩の仏像の魅力です。

菩薩(ぼさつ)ランクの仏さま

十一面観音菩薩(じゅういちめんかんのん)=頭の11の顔を持ち、困っている人を見逃さない。

千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)=十一面観音と同じように11の顔を持って、さらに千手の手で人々を救う。

地蔵菩薩(じぞうぼさつ)=日本昔話でおなじみ。仏さまがいない時代を守る。

弥勒菩薩(みろくぼさつ)=とおい未来に如来になることを約束されている、如来にもっとも近い菩薩

文殊菩薩(もんじゅぼさつ)=智慧の仏さま、「3人寄れば文殊の知恵」でおなじみ。

聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)=ベーシックな菩薩の姿

勢至菩薩(せいしぼさつ)=阿弥陀如来の脇侍。観音菩薩とペアを組む。

普賢菩薩(ふげんぼさつ)=文殊菩薩とペアになって釈迦如来に従う。象に乗ってる。

日光・月光菩薩(にっこうがっこうぼさつ)=お医者さまの仏さま薬師如来につかえる。看護婦さんのような存在。

如意輪観音菩薩(にょいりんかんのんぼさつ)=幸福をもたらし、煩悩を打ち砕く「如意輪」を持つ観音。

不空羂索観音(ふくうけんさくかんのん)=人々を救ったり、悪事をとらえることができる「羂索=縄」を持つ観音

馬頭観音(ばとうかんのん)=憤怒の怒りと馬が草を食べつくすように煩悩を打ち砕く観音

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)=無限の記憶力をもつ仏さま。

 

 

各菩薩の解説はこちらのリンクをクリックしてご確認ください。

菩薩とは|仏像の種類や特徴 ~修行中の教頭先生は変身がとくい!~
菩薩(ぼさつ)は修行中のホトケさま  菩薩(ぼさつ)とは、如来(にょらい)の次にエラい位に位置しているホトケさまであり、学校のなかでは教頭先生にあたる、ホトケ...

 

 

仏像の種類:明王(みょうおう)のホトケさま

明王(みょうおう)ランクの仏さま

不動明王(ふどうみょうおう)=「心を(姿も)鬼にして」働きかけている仏さま。明王界のリーダーで大日如来の化身。

降三世明王(こうさんぜみょうおう)=三毒と呼ばれる煩悩を打ち砕く明王。五大明王メンバーで東方担当。

軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)=蛇の毒によって煩悩を払い、打ち砕く明王。五大明王メンバーで南方担当。

大威徳明王(だいいとくみょうおう)=水牛に乗り生あるものを害するすべてを打ち倒す明王。五大明王メンバーで西方担当。

金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)=雷を操って過去・現在・未来の悪い欲を貫き壊し、キラキラの仏の智慧で心の汚れを取り除く明王。五大明王メンバーで北方担当。

大元帥明王(だいげんすいみょうおう)=すべての明王の総帥となる絶対的な力を持って国家を護ろうとする明王。

愛染明王(あいぜんみょうおう)=愛の欲望の強さを求心力にして、逆に悟りを求める心へと向かう力に変えようとする明王。

孔雀明王(くじゃくみょうおう)=毒蛇をも食べるとされる孔雀に乗り、人間を一番苦しめる毒薬とされる三毒を食べ尽くすことを表した明王。

烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)=不浄を焼き払い浄化させる火神。トイレを清める存在として信仰される。

 

明王とは|仏像の種類や特徴 ~言うこときかないワルい子を熱血指導!~
熱血学年主任の不動明王! 次に明王とは?という説明をしていきます。明王(みょうおう)とは学校の中で例えると、各学年のリーダーとなる学年主任の先生です。  ...

 

仏像の種類:天(てん)のホトケさま

ここではまず天部とはということについて紹介します。

天部の仏像は数がめちゃくちゃたくさん!

ここであげるのはその一部だけです。

天(てん)ランクの仏さま

四天王(してんのう)=如来たちがいる須弥山を東西南北の各方角を守るガードマン

毘沙門天(びしゃもんてん)=四天王のうち多聞天が独尊で祀られるときの呼称。

梵天(ぼんてん)=宇宙創造神ブラフマーが仏教に取り入れられ神格化。釈迦を説得した梵天勧請のエピソードが有名。

帝釈天(たいしゃくてん)=梵天とペアを組んでお釈迦さまを守るガードマン。前身は最強神インドラ。

吉祥天(きっしょうてん)=幸福・美・富をもたらす女神の存在。毘沙門天の奥さん。

弁財天(べんざいてん)=仏法を守る役割を持った戦う女神。のちに財宝神としても信仰。

金剛力士(こんごうりきし)=お寺の山門に立って仏敵の侵入を防ぐガードマン。阿形像と吽形像がある。

阿修羅(あしゅら)=二十八部衆や八部衆の中の一尊で、戦いを象徴する最強の守護神。

大黒天(だいこくてん)=煩悩の象徴である邪鬼から仏教界を守る戦闘神。

韋駄天(いだてん)=お寺の伽藍を守る護法神。鬼が仏舎利を奪って逃げ去った時、これを追って取り戻したという話が有名。

歓喜天(かんぎてん)=ガネーシャ神。あらゆる障害や困難を取り除き、福徳をもたらす神。婦和合や、子授けの神。

十二神将(じゅうにしんしょう)=薬師如来の眷属、後に干支とむすびついて各方角を守る

 

天とは|仏像の種類や特徴 ~授業の数だけ先生はさまざま~
天とは  仏像界の4つステージの最後は、各授業の先生となる「天(てん)」です!  学校の授業には国語の先生、体育の先生、美術の先生、音楽の先生など、各...

 

仏像に会いに行こう★

仏様の世界や仏像の見分け方について大まかにわかっていただけましたでしょうか?つぎは知識として知るだけではなく、ぜひ実際に仏様に会いに行ってみましょう!仏像の前で皆さんはどんなことを感じるでしょうか?

見仏入門」では日本各地の仏像から仏像リンクが厳選をして、拝観しやすく見ごたえのある仏像を紹介しています。

 

初級編では誰でも写真などで一度は見たことがある仏像や、観光地のまわりにあって仏像が目的でなくても観光地を訪問しながら訪問できる仏像を中心にご紹介していて、回を重ねるごとに徐々に地方の仏像を紹介し、やさしくステップアップできるようご紹介をしております!ぜひご参考にしてみてください!

【仏像を旅しよう!《見仏入門》】京都や奈良、博物館など厳選した日本各地の仏像...
仏像リンクが初心者の人でも訪問しやすく、魅力的な仏像を厳選して紹介する旅先案内「見仏入門」京都や奈良からはじまり日本全国の仏像を一覧でご紹介します!やはり仏...

 

わかりやすい仏像のおすすめ本

ここでは仏像1年生におすすめの本をご紹介します。

仏像の本はたくさん出版されているので、最初はどれから読んでいいのかわからない人も多いと思います。

こちらのページでは、仏像1年生、初心者の人でもわかりやすい本をしぼってピックアップしてみました。自分にあう本をみつけてみてください!

【初心者向け仏像本まとめ】わかりやすい仏像本・DVD、おすすめの一冊!
仏像をもっと知りたいから本で勉強をしたいけど、本屋やサイトでながめてみてもたくさんありすぎて、どれを購入したらいいかわからない!という人も多いと思います。そ...

 

さいごに

仏像についてほとんどなにも知らない人には…

私としては、まだ仏像をくわしくわからない、という人にはくわしくなる必要はないということを伝えたいです。

そして気になる仏像が明確にあるのであれば、その仏像に会いにいってみましょう!
よほどの仏像でない限りは、少し調べて足さえ伸ばせばお会いできることがほとんどだと思います。

近くに博物館や美術館で展覧会があるのであればそのようなものに足を運んでみるのもいいかもしれません。
すごい綺麗な顔をしている仏像や、ボロボロの仏像、固そうな仏像など、色んな仏像があると気付けると思います。

あわせて読みたい
【仏像展覧会スケジュール2018】東京、奈良、京都、大阪など地域別の展覧会まとめ
現在開催中、もうまもなく開催される仏像の展覧会に関する情報をまとめました。 貴重な仏像を一気に見ることができる仏像の展覧会はぜひチェックしたいですね。こ...

 

またご自身の身の回りの仏像についても目を向けてもらえたらと思います。

「毎年、初詣で行ってたお寺や、今住んでいる近所のお寺にはどんな仏像があるんだろう」

「実家の仏壇にはなんの仏像がまつってあるんだろう」

「修学旅行でいったお寺にいた仏像ってなんだろう」

たぶんみなさんも意識はしていないかもしれませんが、身の回りで意識せずに仏像に出会っているかもしれません。

そんな仏像について少し調べてみたり、家族に聞いたりすることで意外な発見があるかもしれません。

仏像すでに詳しいよ!って方には…

自分の好きな仏像をもっと探してみる
[例]未訪問のお寺に行ってみる、展覧会に行く、仏像本で好きな仏像を見つける

仏像の世界観、背景について少し調べてみる
[例]仏像の役割・意味を調べる、仏像のあるお寺の宗派をしらべる

特定のテーマを絞った旅をしてみる
[例]国宝の仏像をめぐる、札所めぐりをはじめてみる、故郷の仏像を訪問する

仏像好きな友人を探す、増やす
[例]SNSで仏像に関する情報を発信している人をフォローする、オフ会に参加する

 

 

こんなことを意識して行動すると、仏像の世界がもっと広がると思いますよ!

 

参考リンク
初心者さん向けの小さなオフ会を月1回程度で実施しています
【ブラ参りとは?】初心者見仏会“仏像ブラ参り”のお知らせ!
仏像ブラ参りとは主に都内近郊中心に、徒歩もしくは公共交通機関を使って移動し、1寺~2寺くらいをめぐる見仏初心者さん向けの小さなオフ会を開催しています。こんな...
国宝の仏像ってどんな仏像があるか調べてみよう
【国宝仏像データベース】国宝指定の仏像一覧と国宝仏像マップ
国宝とは国民の宝物であると国から認められたものの中から、特に大事なものや世界のなかでも貴重だと指定されたもののこと。国宝の指定を受けている仏像も数多く存在し...