【仏像とは?種類・見分け方など】やさしい仏像のはじめ方


仏像とは?仏像の種類や見分け方など、ここでは仏像のきほんについてわかりやすく解説していく、やさしい仏像のはじめ方をご紹介!

仏様の世界をしっていると仏像の見るとき、さらに楽しく見ることができるようになります!

こまかく理解することは、必要ありません!最初はなんとなーく仏さまの世界や仏像の見分け方のキホンが理解できればOKです★

仏像のきほん:仏像とは?仏像ってそもそもなに?

仏像の世界に初めてふれる方にまずホトケ様って誰?仏像ってなに?という、おおもととなる疑問ってありますよね。仏像とは「仏」(ほとけ)の「像」(ぞう)です。よんだ文字そのままです(笑)

でも、仏って誰?なんかエラい人っぽいけど何をした人なの?など、なんとなく仏さまに対してのイメージはあると思いますが、具体的にどんな人なのかを知っている人は少ないと思います。

仏さまはブッダというインドの王子様だった人です。

ゆうふくな王子様でしたがある時、断捨離をして修行の旅にでて、厳しい修行の末に「悟り」という世の中の真理(ざっくりいうと、ほんとうのコト)や幸せになれる物事の考え方を発見します。

そしてその考え方を世の中の困った人に伝えていき多くの人の信頼をもらい、その結果たくさんの仏さまの像である仏像がつくられていきます。

下のリンク先でより詳しく説明しています。

仏像ってそもそもなに?

そもそも仏像とは?すべては1人の王子の断捨離からはじまった。
 そもそも仏像とは?という話をしていきます。  みなさんは「仏像」と聞いて何を思い浮かべますか?修学旅行などでいった、鎌倉の大仏だったり、奈良の大仏だっ...

 

仏像のきほん:仏像世界にもあるタテ社会!学校で考えてみよう!

 

仏様の世界には実はランクがあります。仏像はたくさんの種類がありますが、大きく分けて4つのランクにわかれます。その4つのランクは仏さまの世界を学校のように例えることができます。

校長先生=如来(にょらい)

教頭先生=菩薩(ぼさつ)

学年主任=明王(みょうおう)

授業担任=天(てん)

といった具合です。ランクがわかるとおおまかな見分け方もできるようになります。下のページで詳しく解説しています。

仏像のランクを理解しよう!

仏像のランクを理解しよう!ホトケの世界はタテ社会、学校の先生で考えてみる。
仏のせかいにはランクがある?!  仏像(ぶつぞう)とは何か、ということがわかったところで、次に仏像のランクについて説明します。  「えっ、 仏像にランク...

 

 

仏像のきほん:仏像の見分け方

仏像は各ランクの仏さまによっておおまかに特徴がきまっているので、見分けることが可能です。またお寺で仏像に出会った時に、何の仏像なのかわかると仏像の働きやそのお寺がどういう考え方を大事にしているかなどだんだんと見えてくるようになります。

仏像のおおまかな見分け方はかなりざっくり言うと

如来の仏像→パンチパーマ、着ているものがシンプル

菩薩の仏像→アクセサリーを身につける、中性的な表情

明王の仏像→怒りの表情

天の仏像→ヨロイを着てる、女性の仏像がいる です。

ただこれはちょっと大まかすぎる説明なので、詳細に判別していくためにはもう少し詳しく知っていく必要があるのですが、まずはこれくらいイメージできていればOKだと思います。

下のページでは大まかな仏像の見分け方について、もうちょっと詳しくお話ししています。

仏像のみわけ方

仏像の見分け方。仏像が見分けられると、お寺のことやひとびとの願いもみえてくる!
見分けられるようになると、仏像以外のこともわかるようになる!  仏像の見分け方ができるようになると、この仏像はどんな役目があるのだろうか、そのお寺はどん...

 

仏様の世界の仕組みやおおまかな仏像の見分け方についてわかったところでそれではランクごとに分かれて見ていきましょう!

仏像の種類:如来(にょらい)のホトケさま

ここからは具体的に仏さまの種類を見ていきましょう。

それぞれの仏さまによって役割はさまざま。
登場人物はたくさんいますが、さっき覚えたランクごとにだいたいの役割は決まっているので、そこまでムズカしく考える必要はありません。

まずは如来(にょらい)の仏さま。仏さまの世界の中でもっともエラい仏さまなので種類は少ないです。
如来は超人パワーをもっていて、身体のとくちょうもたくさん持っています。

主な如来の仏さまは、こんな感じです。

釈迦如来(しゃかにょらい)=仏教の象徴となる仏さま

阿弥陀如来(あみだにょらい)=極楽浄土への案内役

薬師如来(やくしにょらい)=病気を治すお医者さま

盧遮那仏(るしゃなぶつ)=宇宙の真理すべてを知る仏さま。華厳宗の本尊。

大日如来(だいにちにょらい)=宇宙の真理すべてを知る仏さま。真言宗の本尊。

など

ここでは、あくまで目次みたいな紹介なので、各如来の説明はこちらをご覧ください、

如来とは|種類・特徴など ~校長先生はサトリパワーで超人に変身!~
如来とは・如来はなぜエラいの?  仏像にはランクがある、仏像のみわけ方がわかるといろいろなことがわかってくる、ということがわかったところで仏教のシンボル...

 

仏像の種類:菩薩(ぼさつ)のホトケさま

如来につづいて次は菩薩です。菩薩とは如来になるために一生懸命に修行をしている姿をあらわす仏さま。如来になることを約束されていて、仏さまのランクの中では2番目にエラい仏さまです。学校の教頭先生にあたります。

それぞれに自分は◯◯の目的を達成するぞ!と目標をかかげて、そこに向かって人々を助けながら修行をしていきます。

ブッダがまだお城の王子様であった頃の姿をモデルにしているのでアクセサリーを身につけていたりします。

菩薩の得意技の変身をつかって人々の悩みに合わせて33の姿に変身をして人々を救います。

中性的でセクシーな姿をしている仏像が多いのも菩薩の仏像の魅力です。

十一面観音菩薩(じゅういちめんかんのん)=頭の11の顔を持ち、困っている人を見逃さない。

千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)=十一面観音と同じように11の顔を持って、さらに千手の手で人々を救う。

地蔵菩薩(じぞうぼさつ)=日本昔話でおなじみ。仏さまがいない時代を守る。

文殊菩薩(もんじゅぼさつ)=智慧の仏さま、「3人寄れば文殊の知恵」でおなじみ。

聖観音菩薩(しょうかんのんぼさつ)=ベーシックな菩薩の姿

勢至菩薩(せいしぼさつ)=阿弥陀如来の脇侍。観音菩薩とペアを組む。

普賢菩薩(ふげんぼさつ)=文殊菩薩とペアになって釈迦如来に従う。象に乗ってる。

日光・月光菩薩(にっこうがっこうぼさつ)=お医者さまの仏さま薬師如来につかえる。看護婦さんのような存在。

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)=無限の記憶力をもつ仏さま。

 

各菩薩の解説はこちらのリンクをクリックしてご確認ください。

菩薩とは|仏像の種類や特徴 ~修行中の教頭先生は変身がとくい!~
菩薩(ぼさつ)は修行中のホトケさま  菩薩(ぼさつ)とは、如来(にょらい)の次にエラい位に位置しているホトケさまであり、学校のなかでは教頭先生にあたる、ホトケ...

 

 

仏像の種類:明王(みょうおう)のホトケさま

 

明王とは|仏像の種類や特徴 ~言うこときかないワルい子を熱血指導!~
熱血学年主任の不動明王! 次に明王とは?という説明をしていきます。明王(みょうおう)とは学校の中で例えると、各学年のリーダーとなる学年主任の先生です。  ...

 

仏像の種類:天(てん)のホトケさま

ここではまず天部とはということについて紹介します。

天とは|仏像の種類や特徴 ~授業の数だけ先生はさまざま~
天とは  仏像界の4つステージの最後は、各授業の先生となる「天(てん)」です!  学校の授業には国語の先生、体育の先生、美術の先生、音楽の先生など、各...

 

仏像に会いに行こう★

仏様の世界や仏像の見分け方について大まかにわかっていただけましたでしょうか?つぎは知識として知るだけではなく、ぜひ実際に仏様に会いに行ってみましょう!仏像の前で皆さんはどんなことを感じるでしょうか?

見仏入門」では日本各地の仏像から仏像リンクが厳選をして、拝観しやすく見ごたえのある仏像を紹介しています。

 

初級編では誰でも写真などで一度は見たことがある仏像や、観光地のまわりにあって仏像が目的でなくても観光地を訪問しながら訪問できる仏像を中心にご紹介していて、回を重ねるごとに徐々に地方の仏像を紹介し、やさしくステップアップできるようご紹介をしております!ぜひご参考にしてみてください!

【仏像を旅しよう!《見仏入門》】京都や奈良、博物館など厳選した日本各地の仏像...
仏像リンクが初心者の人でも訪問しやすく、魅力的な仏像を厳選して紹介する旅先案内「見仏入門」京都や奈良からはじまり日本全国の仏像を一覧でご紹介します!やはり仏...

 

わかりやすい仏像のおすすめ本

ここでは仏像1年生におすすめの本をご紹介します。

仏像の本はたくさん出版されているので、最初はどれから読んでいいのかわからない人も多いと思います。

こちらのページでは、仏像1年生、初心者の人でもわかりやすい本をしぼってピックアップしてみました。自分にあう本をみつけてみてください!

【初心者向け仏像本まとめ】わかりやすい仏像本・DVD、おすすめの一冊!
仏像をもっと知りたいから本で勉強をしたいけど、本屋やサイトでながめてみてもたくさんありすぎて、どれを購入したらいいかわからない!という人も多いと思います。そ...