CATEGORY 仏像入門

仏像の種類:明王(みょうおう)

【仏像の種類:烏枢沙摩明王とは、ご利益・梵字、真言など】トイレの神様?!仏様?!汚いことが大嫌い!不浄を燃やし尽くす聖なる炎

「はあ。ウスサマ? どちらサマ?」と言いたくなるような、ちょっと耳慣れない明王さまが烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)。この世の不浄を撲滅するために立ち上がった仏さまです。 このきれい好きの明王さまは実は私たちの近くにい…

仏像の種類:明王(みょうおう)

【仏像の種類:金剛夜叉明王とは、ご利益・梵字、真言など】ダイヤの美しさと固さでどんな障害も貫く聖なる力を持つ明王

金剛というのはダイヤモンドの意味。非常に固くて強く、そして美しいダイヤモンドを名前に持つこの明王が手ごわくないわけありません。金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)はまるでサーフィンしてるみたいに踏み割蓮華の上でさっそ…

仏像の種類:明王(みょうおう)

【仏像の種類:軍荼利明王とは、ご利益・梵字、真言など】ヘビを巻き付けXポーズ!煩悩を打ち砕くロックな明王

軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)の名前を知る人は多くないかも知れません。そんなあなたのためにお話しすると、この明王はとっても密教な明王さまなんです。だって、悟るために性的エネルギーをつかっちゃおうなんて、フリーダムな発想…

仏像の種類:明王(みょうおう)

【仏像の種類:降三世明王とは、ご利益・梵字、真言など】人を踏みつけてる?!世界の神々も降伏させる超怖い先生!

ひどいやつだなー、倒れる2人を思い切り踏んづけるのは何者? と思えば、明王さまではないですか! 諦めているのか、息絶えてしまっているのか、無抵抗な2人の胸や腹の辺りに遠慮の「え」の字もなく、腰を据えて立っています。これこ…

仏像の種類:天(てん)

【仏像の種類:歓喜天とは、ご利益など】めったに姿を見せない愛欲と繁盛の神は取扱超危険!住職も恐れる凄まじい力とは…

ついにきちゃいました、歓喜天(かんぎてん)の世界。仏教界には千手観音、十一面観音など、見た目にインパクトのある仏さまはいらっしゃいますよ。でも、この歓喜天のフリーダムさはなに? 一体この仏像にお祈りしていいの? 言っちゃ…

仏像の種類:明王(みょうおう)

【仏像の種類:大威徳明王とは、ご利益など】牛に乗ったゆる系明王と思いきや、恐ろしい力を持つ五大明王メンバーの一人

今回紹介する仏像の種類は大威徳明王(だいいとくみょうおう)。「大得意(だいとくい)」でも「大威張(おおいばり)」でもありません。「大威徳(だいいとく)」です。耳慣れないという人も、一度覚えたらこの明王を他と見間違えること…

仏像の種類:天(てん)

【仏像の種類:金剛力士(仁王)とは、ご利益・梵字など】あ…うん!息ぴったり2人1組、マッチョな最強の門番登場!

恐いお顔ですけど、なぜか親しみのあるのが金剛力士(こんごうりきし)。お寺参りをすると門のところでよく出会う、あの仁王(におう)さまです。寺の門で立ちはだかり、仏教世界の最前線で諸悪を断ち切る使命を帯びた2人の仏神。寒い日…

仏像の種類:明王(みょうおう)

【仏像の種類:孔雀明王とは、ご利益・梵字】あれ?明王なのに怒っていない!美しい孔雀に乗る美しい明王さまの謎

今回紹介の仏さまは孔雀明王さま。仏像の種類についてちょっとは知っている人が見たら「あれっ」と思うかも知れません。明王なのに怒ってない! なんだか優雅でこの明王さま、菩薩さまっぽくないですかー?   孔雀明王の主…

仏像の種類:菩薩(ぼさつ)

【仏像の種類:馬頭観音とは、ご利益・梵字、真言など】菩薩なのになぜ激怒?!道の石仏は昔の人々の馬への感謝の表れ

今回ご紹介する観音さまは馬頭観音菩薩(ばとうかんのんぼさつ)。え?!ちょっとハナシが違うじゃないですか! 観音菩薩さまというのは、いつも慈悲の表情をたたえた優しい仏さまのはずなのに、馬頭観音はなぜ怒る!? 観音さまの中で…

仏像の種類:天(てん)

【仏像の種類:毘沙門天とは、ご利益・梵字、真言など】四天王の多聞天がついにソロデビュー!止まることを知らない人気で七福神へも加入!

シンプルに言いますと、四天王チームのリーダー、多聞天がソロデビューしたカタチが今回ご紹介する毘沙門天(びしゃもんてん)です。4人組のレンジャー戦隊はレッドを中心として回っていますが、そのレッドが一人でもワルイヤツラと戦う…