【仏像の種類:不動明王とは】密教世界の象徴であり熱血指導の明王界リーダー!


仏教や仏像のことについて詳しくない人でも不動明王の名前なら聞いたことあるんじゃないでしょうか。人のことを例えて「不動明王のように・・・」と言うと、強そうで怖そうなイメージですよね。さて、その怒った顔の不動明王なんです。

 

不動明王の主な働き

不動明王の梵名はアチャラ・ナータ。インドのシヴァ神の別名でもあり、「動かざる守護者」つまり「不動」と言う意味です。菩提心と呼ばれる「悟りを求めて仏道を極めるぜ!」という固く揺るぎない決心を表わしています。

 

 

目を剥いて牙を剥きだし激怒した表情が特徴的。でも、怖い顔をしているからって「戦いの仏」と誤解しないでくださいね。

不動明王はどんな障害や災難があってもそれを打ち砕き、ねじ伏せ、おとなしく仏道に従わない者に対しては、力ずくでも救済しようとする超熱血な仏さま。つまりは優しい慈悲のこころをベースにして、「心を(姿も)鬼にして」働きかけている姿なんです。

梵名には「動かない」のほかに「山」という意味があるので、山岳信仰において修験道(しゅげんどう)に励む山伏の守護者ともされています。

こんな怖い顔の仏さまですが「お不動さん」なんて呼ばれて親しまれてもいます。

 

実は不動明王は大日如来の化身。密教のトップの大日如来が「このままの穏やかな姿では話しにならーん!!」と一筋縄ではいかない衆生を教化するために忿怒相に変身したんです。

皆さんは如来グループの一人、「大日如来(だいにち・にょらい)」という仏様は知っていますか? その手をよくみると忍者のポーズのような手をしています。忍術を...

 

五大明王のリーダーとなって降三世明王(ごうざんぜみょうおう)軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)大威徳明王(だいいとくみょうおう)、金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)らと共にチームを組んでいます。

 

不動明王の見た目の特徴、見分け方

 

 

密教の明王像は多面多臂のすごい姿をしていることが多いですが、不動明王は一面二臂。普通の人間と同じですね。そこが同じように怒った顔の他の五大明王メンバーと違うポイント。右手に煩悩を断ちきるための宝剣を持ち、左手には羂索(けんさく)と呼ばれる衆生の悪い心を縛り、引き寄せ、良い心を導く縄をもっています。そして身体は基本的に醜い青黒い色で表現されます。

 

これはどぶ泥の色と呼ばれ、煩悩の泥の中で衆生を救おうとしていることを示す色。

 

頭上に蓮華を頂き、怒りで乱れ狂う髪をまとめて一本に結って左肩に垂らしています。法具は特に身に付けず軽装です。怒りが炎になった迦楼羅焔(かるらえん/インド神話の巨鳥・迦楼羅の形をした炎)を背負い、忿怒の表情で岩座の上に座しています。一切の人々を救うためにがんとして動かない決意の姿が一般的です。

 

不動明王の外観も時代と共に当初からは変わってきました。平安初期の不動明王は、両眼を正面に見開き、前歯で下唇を噛んで左右の牙を下に向けたわりと写実的な表情である「大師様」。

 

そして10世紀に天台僧の安然(あんねん)らが不動明王をイメージしやすくするためのブランド戦略として、「不動十九観」を定めたのです。つまり不動明王のビジュアルイメージのポイントを19個決めちゃったのです。

 

これに仏師が従って、天地眼とよばれる目の表情(右眼を見開き左眼を細めて物を見る、あるいは右眼で天を左眼で地を睨む)や右の牙を上に左の牙を下に向けて出すという左右非対象の姿の像が増えました。チャンスがあれば初期と後期の不動明王の造形を比べて見てください。

 

 

不動明王と一緒にいる仏さま、不動三尊、不動八大童子

 

 

不動明王が八大童子と呼ばれる眷属(けんぞく/従者)を従える場合があります。不動明王の子分のような少年グループです。そのメンバーは、

①矜羯羅童子(こんがらどうじ)

②制吒(多)迦童子(せいたかどうじ)

③慧光(えこう)童子

④慧喜(えき)童子

⑤阿耨達(あのくた)童子

⑥指徳(しとく)童子

⑦烏倶婆伽(うぐばが)童子

⑧清浄比丘(しょうじょうびく)です。

 

また、不動明王は八大童子のうちの矜羯羅童子と制吒(多)迦童子を明王の左と右(つまり向かって右と左)を従えた不動三尊像の形式で表現されることが多々あります。

 

矜羯羅童子はちょっと小心で従順な性格だと言われています。童顔で合掌しながら不動明王を一心に見上げているのが矜羯羅。颯爽としながらもちょっときつい表情の悪戯小僧っぽい感じが制吒(多)迦童子。これを知れば見分けられやすくなりませんか?

 

 

不動明王の成り立ち

インドで発祥し、中国を経由して日本にやってきた不動明王。この不動明王を日本に伝えたのはあの空海(弘法大師)です。

彼が唐から密教を伝えた際に、不動明王の図像が持ち込まれたと言われています。インドや中国では造像された不動明王が意外と少ないのですが、日本では密教の流行に従って盛んに作られました。眷属の八大童子については、もともとのサンスクリット経典には見られず、中国で考案されたものが伝わってきたとされています。

みなさんも教科書できっと勉強したこともある「空海」をクローズアップしていきます。 「真言宗」という宗派を日本に広めたことは学校でも勉強しますが、その空海...

 

不動明王の真言と梵字・ご利益

 

梵字 カーン(タトゥーデザイン)

 

この文字が不動明王を一字で示す梵字、種子(しゅじ)です。「カーン」と読みます。不動明王は酉年生まれの人の守護神と言われています。

その真言は「ノウマク・サンマンダ・バザラダン・カン」。真言の中ではわりと知られたものです。

魔物や災害に打ち勝ち、勝負必勝、立身出世、商売繁盛などのご利益があると言われています。

不動明王の主な例

 

●東寺の2体の不動明王

平安京造営の際に鎮護を目的として建立された東寺。教王護国寺とも呼ばれます。その講堂と御影堂に2体の不動明王が安置されています。

京都・東寺講堂/不動明王坐像【国宝】(平安時代)

講堂には仏像たちを実際に講堂内に曼荼羅のように配置した立体曼荼羅があります。大日如来を中心に五智如来、五菩薩、五大明王などが安置され、その中の五大明王の中央に安置されているのが、国宝・木造不動明王坐像。839年に造像された日本最古の不動明王像です。彩色もあざやかな赤い火焔を背負う怒りの表情の不動明王。迫力がありながら、平安初期の明王らしく怒りに込めた慈悲が感じられるようです。

京都・東寺御影堂/不動明王坐像【国宝】(平安時代)

 

そして、御影堂にもある不動明王像。平安時代からこの像は触ったり手を加えたりすると「祟りのある怖い不動さま」と信じられ、誰の目にも触れられずに祀られていた厳重秘仏でした。ところが、1888年に政府の「近畿地方古社寺宝物調査」を実施した岡倉天心とフェノロサに同行したカメラマンが厳重秘仏の不動明王像の写真撮影のチャンスに恵まれました。

出来上がった奇跡の写真見た研究者たちは、すごいっ、とばかりにその文化的価値を訴え、ついに1954年に不動明王の本格的調査を実施。そして像高123cm、ヒノキ材の一木造り彩色像の不動明王坐像が、写真で予想された通りの平安時代の優作であることが判明します。秘仏だったために保存状態のよかった像は鮮やかな色彩が残されていました。

宝剣を右手に持ち、不空羂索を左手に持って、重厚で神秘的な恐ろしくも素晴らしい姿。この調査で像は平安前期の傑作として、調査後1955年2月に即座に重要文化財指定を受け、その4ヶ月後の6月に国宝としてのスピード指定を受けました。

しかし、不動明王坐像は損傷部分を修理したのち、再び厳重秘仏となるのです。その後一般に公開されたことは一度もなく、これからもご開帳される予定がないちょっと頑固な明王さま。それが、東寺御影堂の国宝・不動明王坐像なのでした。

和歌山・高野山霊宝館/不動明王・八大童子

 

奈良・高野山霊宝館/不動明王坐像【重文】(平安時代)

高野山は弘法大師が開創した真言密教の一大道場です。高野山霊宝館は、1921年に高野山内の貴重な文化遺産を保存展示する施設として有志者の寄付と金剛峯寺によって開設されました。

 

ここに重要文化財の不動明王坐像があります。金剛峯寺の伽藍不動堂の元本尊でした。左目を少し細め、口から牙が上下に出ています。膝部の流れるような衣文線が美しく表現されています。

 

そしてその不動明王と共に祀られている八大童子立像にも注目してください。調査によって、そのうちの2体「制多伽」、「矜羯羅」が運慶の作だと判明しています。

 

奈良・高野山霊宝館/矜羯羅童子立像【国宝】(鎌倉時代)〈運慶作〉

矜羯羅童子の少しあどけないような表情、そして制多伽童子の凜々しい表情はさすが運慶、ほれぼれとして見てしまいます。八大童子全てが国宝(そのうち二体は八大童子・付属という形で国宝指定)。

 

奈良・高野山霊宝館/制多伽童子立像【国宝】(鎌倉時代)〈運慶作〉

滋賀・園城寺/不動明王立像(黄不動)【重文】(鎌倉時代)

※【仏画】滋賀・園城寺/金色不動明王画像(黄不動)【国宝】(平安時代)

 

滋賀県大津市にある園城寺、通称三井寺。ここに絵の黄不動と彫刻の黄不動があります。

 

右画像の黄不動は園城寺の秘仏、国宝・金色不動明王画像(黄不動尊)。通常の青黒い肌ではなく、珍しい全身が黄色の不動明王立画像は縦178.2cm、横72.1cm。不動明王を単独で描いたものとしては現存最古の平安初期の作です。

 

冬の山中で修行をしていた僧の円珍の前に彼を守っているという「魁偉奇妙(かいいきみょう)」な「金人(きんじん)」が出現。それを絵にしたものなのです。条帛(じょうはく/上半身につける細長い布)を付けず、天を向く二牙を持ち、両目をかっと見開く表情です。

 

円珍が実際に感得(かんとく/感じて会得すること)したときの突然の登場を表現しているので、黄不動は何もない虚空に立っています。

 

左画像にあるもう一つの黄不動は鎌倉期に作られた木造彩色の重要文化財・不動明王立像(黄不動)。像高159.8cm。秘仏画像である黄不動を彫刻として忠実に再現した作品です。大師堂の厨子内に安置されており、こちらも特定の修行をした僧侶のみに拝観が許される秘仏となっています。

【書籍紹介】明王のことをもっと知りたくなった時には…

ここでは今回紹介した明王以外にもより深く仏像について学ぶことができる書籍・DVDをご紹介いたします。どれもわかりやすく書かれている初心者~中級者向けの本ですので、お気軽にお読みいただけるかと思います。

読むだけで不動明王から力をもらえる本

「あなたを見捨てません、どんな時も味方でいてくれます。」という不動明王を具体的に、拝み方の流れやお経なども紹介されていて信仰する時の入門書として安心して読める内容になっています。

(画像クリックでAmazonへリンクします)

明王像のすべて (エイムック 2768)

その名の通り様々な不動明王紹介して不動明王の知識が網羅的に理解できる本です。

写真もカラーのものが多くて読みやすく、たのしく不動明王が学べる本です。

(画像クリックでAmazonへリンクします)

近畿三十六不動尊巡礼

大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県、和歌山県からなる近畿地方の不動明王霊場である近畿三十六不動尊巡礼のガイドブック。

不動明王のことを知って、ぜひ巡ってみたいと思った方はぜひこれを持って不動霊場を巡ってみましょう!

(画像クリックでAmazonへリンクします)