見仏入門

【見仏入門】No.27 京都・清凉寺(嵯峨釈迦堂)の仏像・見どころ/清凉寺式釈迦如来像、阿弥陀三尊像、湯豆腐やあぶり餅なども

清凉寺(せいりょうじ)は通称嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)と呼ばれる京都嵐山にある寺です。 仏像に興味のある方なら「清凉寺式(釈迦)仏像」と呼ばれる仏像があることはどこかで聞かれたことがあるのではないでしょうか? 清凉寺式…

見仏入門

【見仏入門】No.26 福島・白水阿弥陀堂(願成寺阿弥陀堂)の仏像・見どころ/阿弥陀如来坐像、ライトアップや紅葉なども

 福島県で唯一の国宝である建物「阿弥陀堂」がある白水阿弥陀堂を紹介します。 白水阿弥陀堂は岩手県の平泉金色堂を模して建てられたといわれ、白水の意味は「泉」という漢字を上下に二つに分けたといわれています。(なるほど~!) …

見仏入門

【見仏入門】No.25 福島・恵隆寺の仏像・見どころ/千手観音立像(立木観音)・だきつき柱 ・二十八部衆像など

 恵隆寺(えりゅうじ)は福島県会津地方の坂下町(ばんげちょう)にある古刹です。その歴史をたどると6世紀頃までさかのぼります。会津地方は法相宗の徳一(とくいち)法師により会津磐梯山の麓から会津盆地にかけていくつもの寺院が開…

やさしい仏教

【やさしい仏教】般若心経の意味・読み方を徹底解説!般若心経を完璧に理解する(部分ごとに解説編)

般若心経の中身を見ていくことにしましょう。 いくつかのブロックに分けて、なるべく丁寧に説明してみたいと思います。 こちらの記事もおすすめ! ▼【完全版】般若心経とは?般若心経を全文解説!読み方・意味・宗派の違い . 【觀…

やさしい仏教

【やさしい仏教】宗派による般若心経の違い<真言宗、天台宗、曹洞宗、浄土宗、浄土真宗など>

今の日本は、実は般若心経のファンが最も多い国かもしれません。 三蔵法師は、般若波羅蜜の思想を持ち帰り、まとめ終わると少しして亡くなってしまいました。その後、彼のお弟子さんたちが師匠も重視した般若波羅蜜の実践を図るべく、一…

見仏入門

【見仏入門】No.24 福岡県太宰府・観世音寺の仏像・見どころ/馬頭観音、不空羂索観音、大黒天、兜跋毘沙門天など

福岡県太宰府にある観世音寺(かんぜおんじ)は九州随一の仏像の宝庫です。仏像ファンなら一度は訪れておきたい場所です。 この寺は中国唐から日本に渡ってきた鑑真(がんじん)和上が奈良の都に上る前に最初に立ち寄った場所です。 &…