TAG 平安時代(後期)

見仏入門

【見仏入門】No.42 岐阜・横蔵寺の仏像・見どころ/本尊薬師如来坐像、大日如来坐像、深沙大将立像、即身仏、御朱印など

横蔵寺(よこくらじ)は岐阜県の揖斐川上流の山間にあります。ここは紅葉の名所として知られていて、秋には多くの観光客が訪れます。また実際のミイラ(即身仏)があるお寺としても有名です。しかもそれをすぐそばから見られるのですから…

見仏入門

【見仏入門】No.36 上野・東京国立博物館(トーハク)/旧中川寺・毘沙門天立像、浄瑠璃寺・広目天像など

今回は東京上野にある東京国立博物館(略称:東博・トーハク)についてご紹介していきたいと思います。 東京国立博物館は国内最大の規模を誇る博物館です。館内には委託された作品を含め、国宝、重要文化財含む約11~12万点の作品が…

仏像の種類:明王(みょうおう)

【仏像の種類:金剛夜叉明王とは、ご利益・梵字、真言など】ダイヤの美しさと固さでどんな障害も貫く聖なる力を持つ明王

金剛というのはダイヤモンドの意味。非常に固くて強く、そして美しいダイヤモンドを名前に持つこの明王が手ごわくないわけありません。金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)はまるでサーフィンしてるみたいに踏み割蓮華の上でさっそ…

見仏入門

【見仏入門】No.25 福島・恵隆寺の仏像・見どころ/千手観音立像(立木観音)・だきつき柱 ・二十八部衆像など

 恵隆寺(えりゅうじ)は福島県会津地方の坂下町(ばんげちょう)にある古刹です。その歴史をたどると6世紀頃までさかのぼります。会津地方は法相宗の徳一(とくいち)法師により会津磐梯山の麓から会津盆地にかけていくつもの寺院が開…

見仏入門

【見仏入門】No.24 福岡県太宰府・観世音寺の仏像・見どころ/馬頭観音、不空羂索観音、大黒天、兜跋毘沙門天など

福岡県太宰府にある観世音寺(かんぜおんじ)は九州随一の仏像の宝庫です。仏像ファンなら一度は訪れておきたい場所です。 この寺は中国唐から日本に渡ってきた鑑真(がんじん)和上が奈良の都に上る前に最初に立ち寄った場所です。 &…

見仏入門

【見仏入門】No.15 京都府左京区・永観堂の仏像/阿弥陀如来立像(みかえり阿弥陀)、紅葉ライトアップなど

 永観堂(えいかんどう)は京都東山にある平安時代から続く古刹で、寺の正式名称は「禅林寺(ぜんりんじ)」といいます。京都の秋のもみじの名所はいくつもありますが、昔から「もみじの永観堂」とうたわれる京都屈指の名所です。 &n…