TAG 国宝

仏像の種類:明王(みょうおう)

【仏像の種類:降三世明王とは、ご利益・梵字、真言など】人を踏みつけてる?!世界の神々も降伏させる超怖い先生!

ひどいやつだなー、倒れる2人を思い切り踏んづけるのは何者? と思えば、明王さまではないですか! 諦めているのか、息絶えてしまっているのか、無抵抗な2人の胸や腹の辺りに遠慮の「え」の字もなく、腰を据えて立っています。これこ…

見仏入門

【見仏入門】No.28 山梨・大善寺の仏像・見どころ/秘仏薬師如来如来、日光菩薩月光菩薩、十二神将、ワインなど

 大善寺(だいぜんじ)は甲斐国(山梨県)では最も古いお寺ともいわれる関東屈指の古刹です。甲斐武田氏が興る前からある寺で、室町時代前期にはこの地の豪族三枝(さえぐさ)氏の氏寺として栄えました。   噂によるとこち…

見仏入門

【見仏入門】No.27 京都・清凉寺(嵯峨釈迦堂)の仏像・見どころ/清凉寺式釈迦如来像、阿弥陀三尊像、湯豆腐やあぶり餅なども

清凉寺(せいりょうじ)は通称嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)と呼ばれる京都嵐山にある寺です。 仏像に興味のある方なら「清凉寺式(釈迦)仏像」と呼ばれる仏像があることはどこかで聞かれたことがあるのではないでしょうか? 清凉寺式…

見仏入門

【見仏入門】No.11 京都府・東寺(教王護国寺)の仏像/立体曼荼羅、梵天&帝釈天、不動明王像、弘法市、御朱印など

今回の見仏入門でご紹介する仏像は京都・東寺(とうじ)です。東寺は京都駅からも見える五重塔がシンボルで有名。五重塔を見ると古都京都に来た~!という風情を感じさせます。 この東寺は真言宗の総本山で、空海こと弘法大師のお寺とい…

見仏入門

【見仏入門】No.10 京都府・大報恩寺(千本釈迦堂)の仏像/釈迦如来坐像、釈迦十大弟子、六観音像、おかめ伝説など

今回ピックアップするお寺は京都駅の北方にある大報恩寺(だいほうおんじ)。またの名を「千本釈迦堂(せんぼんしゃかどう)」と言います。 大報恩寺・千本釈迦堂の霊宝殿には鎌倉時代~南北朝時代に活躍した慶派の仏師である快慶、行快…

仏像の種類:天(てん)

【仏像の種類:毘沙門天とは、ご利益・梵字、真言など】四天王の多聞天がついにソロデビュー!止まることを知らない人気で七福神へも加入!

シンプルに言いますと、四天王チームのリーダー、多聞天がソロデビューしたカタチが今回ご紹介する毘沙門天(びしゃもんてん)です。4人組のレンジャー戦隊はレッドを中心として回っていますが、そのレッドが一人でもワルイヤツラと戦う…

仏像の種類:菩薩(ぼさつ)

【仏像の種類:如意輪観音とは】物思いにふけるアンニュイで妖艶な観音は、人々に幸せと財宝を与え、煩悩を打ち砕く!

アンニュイを仏像で表現したら、こうなるんでしょうか。今回ご紹介するのは仏さまとしての近寄りがたさにプラスしてなにか別種の、声を掛けがたい、ちょっと特別なオーラを発している如意輪観音。引き込まれるような何か秘密めいた観音さ…

仏像の種類:菩薩(ぼさつ)

【仏像の種類:十一面観音とは】仏像界のマルチビタミン!中性的な魅力を放つセクシーな観音さま

十一面観音といえば、やっぱり気になるのはその頭についたお顔。頭の上に沢山の顔があって、いろんな表情をしているみたい。   後ろにもきちんと顔はついているのかな、後ろの顔はどんな表情しているの? 一体何のために沢…