TAG 鎌倉時代

仏像の種類:明王(みょうおう)

【仏像の種類:大威徳明王とは、ご利益など】牛に乗ったゆる系明王と思いきや、恐ろしい力を持つ五大明王メンバーの一人

今回紹介する仏像の種類は大威徳明王(だいいとくみょうおう)。「大得意(だいとくい)」でも「大威張(おおいばり)」でもありません。「大威徳(だいいとく)」です。耳慣れないという人も、一度覚えたらこの明王を他と見間違えること…

仏像の種類:天(てん)

【仏像の種類:金剛力士(仁王)とは、ご利益・梵字など】あ…うん!息ぴったり2人1組、マッチョな最強の門番登場!

恐いお顔ですけど、なぜか親しみのあるのが金剛力士(こんごうりきし)。お寺参りをすると門のところでよく出会う、あの仁王(におう)さまです。寺の門で立ちはだかり、仏教世界の最前線で諸悪を断ち切る使命を帯びた2人の仏神。寒い日…

仏像の種類:明王(みょうおう)

【仏像の種類:孔雀明王とは、ご利益・梵字】あれ?明王なのに怒っていない!美しい孔雀に乗る美しい明王さまの謎

今回紹介の仏さまは孔雀明王さま。仏像の種類についてちょっとは知っている人が見たら「あれっ」と思うかも知れません。明王なのに怒ってない! なんだか優雅でこの明王さま、菩薩さまっぽくないですかー?   孔雀明王の主…

見仏入門

【見仏入門】No.6 奈良・東大寺の仏像Part.2/二月堂、三月堂(法華堂)、四月堂、東大寺ミュージアムの仏像

 東大寺の大仏殿・戒壇院の紹介に引き続いて、三月堂や二月堂などの東大寺の前身寺院があったといわれる東側のエリアを紹介をします。東大寺Part1の記事はこちらをご参照ください。 このエリアは「奈良の大仏」とは少し離れた丘の…

見仏入門

【見仏入門】No.2 京都・三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)の仏像/国宝千手観音坐像・千手観音立像・二十八部衆など

三十三間堂は京都でも有名な観光地なので、修学旅行などで訪問したことがある方も多いのではないでしょうか?長いお堂にズラーっと千手観音がならぶ光景は、お堂のなかに入った多くの人が圧倒されます。 三十三間堂はよく「自分と似た顔…