【レポ】仏像リンクオフ会 地方の仏像をめぐる「姫路」オフ


2017年仏像リンクの第4弾となるオフ会、地方の仏像をめぐる「姫路」の開催を行って参りました。

普段インターネット上で交流しあっている仏像ファンの多くが姫路に集結し、播州清水寺の30年ぶりのご開帳始め、数々の貴重な仏像巡り、兵庫県の仏像の素晴らしさを発見してきました。

 

朝10時に姫路駅につどった仏像リンクメンバー。姫路駅の正面には真っ白な城壁を光らす姫路城の姿が見え、姫路に来たという達成感をもり立ててくれます。

 

赤穂市からスタートし室津の小さな漁港にあるお寺を訪ね、漁港のママさん達が一生懸命作ってくれたお弁当をみんなで食べ、その後は聖徳太子の足跡を辿りました。生きてるかのような聖徳太子の姿にギョっとしました。

 

 

その後は地域の方々が守る小さな観音堂を巡り。観音堂ではその地域の方も開けたことがなかったと呼ばれる仏像を開けていただくこととなり、地域の方々を交えて楽しく談笑。最終的には日も暮れ、寒くなったであろうと心配してくださった方々からお茶とお芋の温かいおもてなしをいただくこともできました。

 

 

夜は参加者同士の交流会を姫路城下の飲み屋で実施、なんとアイスクリームが食べ放題でした!交流会のなかでは運慶展グッズをめぐって大盛り上がり!私は主催者にも関わらず、大人げなく決勝まで進出してしまいましたが、決勝戦にてあえなく惨敗!おまけにうなだれた結果、足の皮を擦りむいてしてしまいましたw

 

 

次の日は天台宗のお寺の数々をめぐり播州清水寺の30年ぶりのご開帳、とても不思議なオーラを放つ十一面観音を拝みました。

 

その後の道中では別の行程で今日の仏像をめぐっていた仏像に行くメンバーに偶然遭遇し、ともに仏像拝観をしました。登山のような山登りの先にある奥の院はお寺の方もあまり見ることがないという千手観音が山から人々を見守っていました。時間はあっという間に夕暮れ、2日連続の夜間拝観で、最終的には新神戸駅に時間ギリギリになるも、なんとかたどり着くことができました。

 

とこのような流れ。

 

ここでは参加者による訪問のつぶやきをまとめさせていただきオフ会の様子をご覧いただければと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中井観音堂の盆踊りテープをみなで聞きました。なつかしい気分になりました★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仏像リンクのオフ会は2017年はこれにて終了の予定です。2017年も大変お世話になりました!

 

また普段インターネット上で交流し合う皆さんが集まれる楽しい会を開催できるよう、来年も色々と企画していきたいと思います✨

 

初めての参加も大歓迎ですので、このようなオフ会を見てご興味持たれた方は、ぜひ少しだけ勇気を出して参加してみて下さい!

きっと新たな仏像とそれを守る人々との交流、そして仏像ファン同士の出会いにより新しい仏像のかかわり方が生まれますよ!

 

現在、募集中のオフ会はこちら!

↓  ↓  ↓  ↓